Recent Posts

整体師の資格を取得するスポーツ選手

全体的に見て思ったことがあります。スポーツ選手が現役を引退してからのことです。多くの人が整体師などの資格を取得して、その後、活躍されているような印象を受けるのです。先日も、あるテレビ番組にそういった元スポーツ選手という方が出演されていました。もともとスポーツ選手というのは体のことをよく理解しており、体に気をつける人が多いものです。そんな特徴を活かすことのできるものを取得することで、引退後も仕事の場を作ることができるのでしょう。とても良い選択だと個人的には感じました。また、整体師の資格を取得することで、今度は現役のスポーツ選手たちを影で支えることもできると思います。体のメンテナンスをしてあげることができるからです。私自身は全くスポーツを行ってこなかったので、体の仕組みなどにも疎いところがあります。そのため、引退後、整体師の資格を取得して様々な現役のスポーツ選手を支えている人たちを見ると、とても尊敬の念を抱いてしまうものです。コーチとして指導するだけが元スポーツ選手の進む道、というわけではないと思います。こんなふうに、影で支えるという仕事もあることが分かりました。最近はスポーツ選手以外でも骨盤の歪みなどを気にする女性も増えてきていることから、体の歪みを整える資格を持っている人の存在は、とても大きくなってきていると思います。私の友人女性も不妊治療の一環として、体の歪みを治すために整体へ通っているそうです。こういった形でも需要の幅は広がってきている資格だと思います。

柔道からの、整体師の資格

整形の医師のところに、どうしてこんなに、たくさんの運動部員がいるのかを、最初はわからなかったので、不思議に思っていたが、その人達意が、治療にきているのではなく、その医師のところにきている患者の人に、治療らしくことをしているので、ある日、その医師に、なぜこのように、たくさんの運動部員がいるのかを、質問したところ、ここにきている人たちは、柔道をしている人ばかりで、今後、自分で、整体師の資格を取って、その仕事に就きたい人たちが、ここに、見習にきているのだとの、ことを聞かされた。なんでも、その医師の話によると、柔道は仕事にしている人は少なく、卒業すると、どこかの学校の先生になるとか、または自分で、柔道の道場を、開いて、子供たちに教えるかしか、道はなく、それをしても、食べてゆくのが精いっぱいだとのことらしい。そこで、柔道の経験を生かして、整体師の資格をとり、その後は、整体師として、商売ができるので、その思いにあり人は、このように、ここにきて、勉強しているとのことであった。いわば、実務の教育を、受けにきているのである。ここから、巣だって行った人で整体師の仕事についている人は、すでに全国に、100人以上いるらしい。まさか、このようなコースで、整体師の資格が取れるとは、思いもしなかった私は、この話を聞いて、感心させられた。確かに野球や、サッカーなら、卒業しても、狭くはあるが、プロの道が開けており、またその収入は、多いが、柔道などは、そのようなことはなく、たしかに、と感心させられた。

整体師の資格独立開業

実を言うと私も整体師はいいんじゃないかと思った事はあります。それだったらやってみたいと考えたのです。もちろん街中でそう言う教室を見た事もあります。中迄は見れませんでしたがそれなりに生徒さんもいたのではないでしょうか。その資格を取って仕事を頑張りたいと思ったらチャレンジしていいと思います。ただしそれを取ったからといって国家資格ではないのですぐに仕事に結びつくだろうと考えるのはどうでしょうか。もちろん取った人はそう言う夢を持っていると思います。中にはスーパー銭湯の一角を使ってマッサージ的にやっている人もいました。そう言う仕事でもあればいいと思います。それでもお客様相手の商売なので大変だと思います。都会でしたら場所的に良かったらそれだけ家賃もかかってしまいます。それに反して商売がうまく軌道に乗らなかったら最悪の状況に陥ってしまいます。せっかくいい物件を借りてやったとしてもそこがいいかよくないかはお客様が決める事だからです。つまりやってもらった人がどう思うかです。そしていいと思ったらもしかして口コミで広がる可能性も出てきます。ですから最初から儲かると思わないで地道にやる事が必要だと思います。肩こりがひどい人は割と多いようなのでもしかしたら需要はそれなりにあるのかも分かりません。私も偏頭痛持ちなのでもし行ってそれが緩和されたらいいと思っています。人の役に立てるそれなりにいい仕事だと言う事です。

整体師資格独立開業の道

資格の整体師とはいったいなんでしょうか。肩こりや頭痛、腰痛等があったらそれは困ると思います。そう言う症状を持っている人は意外と多いのではないでしょうか。それだったら緩和してあげましょうという仕事だと思ったらいいかも分かりません。それは筋肉を正しい位置に戻す事なんです。もちろん専門的な知識が必要になりますがこれは国家資格ではありません。ですからそれをマスターしたからといって仕事があるとは限らないのです。それでも独立開業して頑張っている人は大勢いる様です。日常生活をやっていて何かしら気になると思ったら行く人も多いのではないでしょうか。私が知っている人は広島でしたが口コミで評判を聞いて行った事があります。広島迄わざわざ高いお金をかけて行きました。もちろんそれなりに治療はしてくれたのです。前もって連れがアポイントを取ってくれていた様です。ですから言行ったら臨機応変に対応してくれました。それはお金をもらうのですからかなり親切にはやってくれます。それは一回でやる値段が決まっていて保険は適用されていなかったと思います。それで開業したからといって後はお客様がどう判断するかなのでその後に来てくれるかどうかは分かりません。もちろん都会でしたら場所的な事もありますので初期費用がかなりかかってしまう可能性もあります。人通りが少ない所でしたら商売も繁盛しないかも分かりません。そう言う所も含めて考えた方がいいと思います。

整体師の資格を取ろうと思ってます。

私はヨガのインストラクターをしています。ヨガと言うと体が柔らかく難解なポーズをやるイメージがありますが、ただそれだけではありません。呼吸法や瞑想、どのポーズがどこの筋肉を使うとか骨と筋肉などの体全体のバランスなども理解し解剖学も勉強しなくてはなりません。それと同時に最近タイの古式マッサージも習っておりまして、深く勉強するに従って、ヨガの解剖学と通じるところが多々ありタイマッサージをきっかけにマッサージだけにこだわらずカイロプラクティックや整体の方にも興味が出てきました。解剖学を深く学び出してからヨガの教え方が徐々に変わって来ました。以前はいかにキレイなポーズが出来るか?と言う事をメインに教えていましたが解剖学を勉強しだしてからは筋肉と骨の動きの連動性などを生徒さんに的確にアドバイス出来るようになって来ました。そうなってくると、どのポーズがどの筋肉を使い、どこに影響が出てくるか?とか、苦手なポーズを克服するにはどの動きがいいとか、この症状の時にはやってはいけないポーズがあったりと言うことを生徒さんに教えることが出来てからはヨガのみならず、レッスン後、無料で軽い整体相談室みたいな時間も設ける様になり、生徒さんには人気です。ヨガのレッスン中に頑張りすぎて怪我をする人も居るのも事実です。そんな時、筋肉のダメージなのか?筋を痛めたのか?骨の痛みなのか?という事や症状の改善策をきちんと教えられる様になりたいと思っています。まだまだ、整体に関しては勉強不足ですが、今は、ヨガのレッスンと同時に整体師の資格を取れるよう猛勉強中です。